SPメニュー

一円(かずまる)

  1. トップ
  2. 一円(かずまる)
ディガーサムネイル
見習いウェブディレクター

一円(かずまる)

プレイリスト

18

フォロワー

6

フォロー

1

日本語の歌詞がぐっとくる音楽が特に好きです!
2018年の目標は、ライブに50回行くこと
→80回ライブに参戦し、目標達成いたしました!!

自分自身の間違いや迷いすらも肯定してくれるこの国の音楽で、沢山の人が幸せな気持ちになれますように…!!
※規約違反報告は コチラ からお願いいたします。

{{ title }}

{{ subTitle }}
VIVA LA ROCK 2018の初日に出演されたバンドのセットリスト
Twitterにて、一日一曲、その日の日付や気分でオススメの曲をツイートしている楽曲をまとめたプレイリストです!
2018/03/11 打首獄門同好会 at 日本武道館 セトリ
スクリーモをメインとした音楽性と、ツインヴォーカルが特徴の新潟出身5人組ロックバンド。10週年を迎えた彼らのファンが選ぶベスト20曲!!!(2曲足りない・・・)
2016年8月29日結成。「オメでたいコア」通称"オメコア"を武器に活動する日本一オメでたくて汗だくで騒げるバンド。2018年の春にはポニーキャニオンから、オメでたくメジャーデビュー。今一番注目するべきラウドロックバンドである。
オールナイトニッポン50周年記念「ALL LIVE NIPPON」のセットリストです。
怒りの波動が目覚めたそんな時に。/Rock/Metal/Hardcore/Punk/Mixture/
2018年1月8日(月祝)、豊洲PITにて行われた「FROM HERE Vol.3」のCROSSFAITH・ROTTENGRAFFTY・HEY-SMITHのセトリです。#Ska#Rock#J-Rock#Metal#Punk#Loud#Techno#Electro
COUNT DOWN JAPAN 1718の最終日に参戦したときのセトリ出来る限り集め、プレイリストにしました!!/J-pop/Ska/Rock/Alternative/J-Rock/
むしろ音楽が体を動かしてしまうことでしょう。踊り狂いたい時に。リズムに乗りたい時に。/J-pop/J-Rock/Punk/Metal/
{{ diggerPlaylist['playlist_description'] }}
これから就活のあなたに聴いてほしい、人事(想定40代後半〜50代前半)が青春時代に流行っていたハードロックを集めてみました。面接前のドーピングにどうぞ。
This is amazarashi. The essential tracks, all in one playlist.
男性声優キャララップバトル、 「ヒプノシスマイク」公式プレイリスト!© King Record Co., Ltd. All rights reserved.
オメでたい頭でなにより「オメ道楽2018」Zepp DiverCity (2018/07/16) セットリストプレイリスト
2005年のデビュー以来、ロックとエレクトロミュージックを融合した革新的なサウンドで多くの音楽ファンを魅了し続けるサカナクションのオール・タイム・ベスト。Please join us in welcoming Japanese dance & electro band, "Sakanaction" on Spotify!
2018年3月8日(木)Zepp Diver City Tokyoにて開催された『10th Anniversary "Special Setlist ZeppDC One-man Show" 』を完全再現したプレイリスト。
抜群な歌唱力、優れたダンスでファンを魅了し続けるスーパーエンターテイナー、三浦大知のオール・タイム・ベスト。All the essentials from superstar entertainer Daichi Miura!
ボカロのカヴァーから独特の世界観を投影したオリジナル楽曲まで、majikoでしか創り上げられないナンバーをPlayStation™Musicがゲームプレイ向きにセレクト!3月7日(水)には2nd mini Album『AUBE』もリリース予定!majiko出演の 特別映像『PS4® Lineup Music Video「Playin’ Swingin’」ft. H ZETTRIO + 環ROY + 鎮座DOPENESS + majiko』はこちら
{{ diggerFollowPlaylist['playlist_description'] }}

編集者/ライター

もりぞー

会社員

neruvana

プロデューサー

イガラシ ノリヒロ

くずもと

くずもと

コンテンツベンチャー 代表

高達俊之