SPメニュー

Pluto

  1. トップ
  2. Pluto
ディガーサムネイル
プレイリストレーベル

Pluto

プレイリスト

36

フォロワー

2

フォロー

0

プレイリストレーベル『Pluto』の公式アカウントです。天気や感情などの文脈をベースにしたプレイリストを制作し、Spotifyで発信しています。他の太陽系惑星とは異なる軌道で公転する冥王星のように、新しい切り口で音楽を紹介する存在でありたい。そんな思いが名前に込められています。毎週水曜日にプレイリストを公開。運営元:Gerbera Music Agency合同会社。

■Plutoとは?
https://gerbera-music.agency/newsworks/pluto
※規約違反報告は コチラ からお願いいたします。

{{ title }}

{{ subTitle }}
80年代のバブル景気、90年代の社会不安、その余韻はそのままバンドシーンへ反映された。どのバンドも骨太ながら、年を経るごとに、どことなく内省さを深めていった。ジャンルを横断して50組チョイスしました。
聴くだけで体が揺れだす魔法とからくりに満ちた30曲。selected by SUKISHA
桜舞う春、3月はたくさんの"別れ"を経験する季節。誰かとの別れや青春の終わりを迎えるあなたへ、前へ進む力をくれる曲を中心にしたプレイリストです。
就活解禁が目前に迫っている。就活は戦いだ。心が折れそうなことも、戦いに疲れてしまうこともあるだろう。そんなあなたを励まし、寄り添ってくれそうな曲を。
一時的なブームやトレンドを超えて、東京と引けを取らない音楽発信都市になりつつある京都。現在ライヴハウスで活躍しているアーティストの音源を詰め込みました。【セレクター:峯大貴(@mine_cism)】
90年代の音楽シーンを受け継ぎ、ギターロック、ポストロック、ラウドロック、ヴィジュアル系バンドと様々なバンドが生まれた2000年代。のちのバンドに大きな影響を与え音楽シーンを彩った50組を選びました。
中華系・マレー系・インド系の人種が共存する多民族国家・マレーシア。ラジオからヒット曲が生まれる傾向の強い車社会でもあります。そんなマレーシアで息が長く愛され続けるヒット曲を選びました。
激動の2018年を経て新しいタームへと突入した2019年のJ-POPシーン。拡張、横断、天才をテーマに2019年以降のJ-POPの鍵と成り得る楽曲をセレクト。/The 2019 J-POP scene rushing to a new term after the turbulent 2018 year. I Selected the music that can be the key of J-POP after 2019 on the theme of “expansion”, “crossing” and “genius”.
憂鬱な気持ちに浸りたい一人の時間に。世界も、人生も、愛も、自分自身も、音楽が一緒に諦めたり、慰めたり、見つめ直したりしてくれた。いつか浮上するために今は落ちるプレイリスト。【セレクター:石松豊(@orange_plus_me)】
少しの罪悪感と夜更かしの高揚感入り交じる午前3時。眠れないならハイになれ!夜行性のあなたに送るドラッギーなサイケデリックソングたち。【セレクター:みきななこ】
{{ diggerPlaylist['playlist_description'] }}
今一番再生回数が多い曲(毎日更新)。
世界中のSNSで今一番話題の曲(毎日更新)。
日本で今一番再生回数が多い曲(毎日更新)。
日本のSNSで今一番話題の曲(毎日更新)。
Spotify Japanのデイリー急上昇チャート。4月14日付。
今、日本のティーンエイジャーに聴かれている話題曲をひとつのプレイリストに。cover: ナナヲアカリ
Spotifyが注目するニューカマー応援プロジェクト=Early Noise。Cover: 突然少年
ポップ・ミュージックは過去と未来を繋ぐ「今この瞬間」の体験。Spotifyとサインマグがお届けする「今聴きたい曲」だけを集めたオフィシャル・コラボ・プレイリスト
世界中のトレンドと日本の最新ヒット曲をまとめてお届けします。cover: マシュメロ X チャーチズ
日本のポップシーンを彩る最新ベスト50。毎週月曜日更新。 Cover: 三浦大知 初登場:くるり、Frasco×ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、登坂広臣、ヨルシカ等
{{ diggerFollowPlaylist['playlist_description'] }}

アーティスト

Ribet towns

自由人

Risa Fukuya


フォローしているユーザーはいません。